ハイネケン誘拐の代償 (2015) : Kidnapping Freddy Heineken

ハイネケンの経営者が誘拐された実在の事件を基にしたサスペンス・ミステリー。犯罪未経験の若者5人組による犯行も、いまだに身代金の大半の行方がわかっていないなど、多くの謎を残す事件の裏で何が起きていたのかが明らかになっていく。犯人を翻弄する大富豪フレディ・ハイネケンをアンソニー・ホプキンスが演じる。

監督:ダニエル・アルフレッドソン
出演:アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン

ハイネケン誘拐の代償 (2015)のあらすじ

1983年、オランダ・アムステルダム。同国の大ビール企業、ハイネケンの会長、フレディ・ハイネケン(アンソニー・ホプキンス)が何者かに誘拐され、巨大組織による犯行とにらんだ警察は捜査を開始。ところが誘拐犯は犯罪経験のない幼なじみ5人組だった。巨額な身代金を要求するなど計画はうまくいっていたはずが、人質の傲慢な言動に5人は翻弄されていく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2人のローマ教皇 (2019) : The Two Popes

  2. サー・アンソニー・ホプキンスの出演映画一覧

  3. ブレイン・ゲーム (2015) : Solace

  4. ヒッチコック (2012) : Hitchcock

  5. アンソニー・ホプキンスのリア王 (2018)

  6. ザ・ライト -エクソシストの真実- (2011) : The Rite

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。