ザ・ライト -エクソシストの真実- (2011) : The Rite

『エクソシスト』シリーズをはじめ、数々のオカルト映画で描かれてきたエクソシスト(=悪魔祓い師)。バチカンが認める正式な職業であり、現在もさかんに行われているというその儀式の全貌を、実話にもとづきリアルに描き出す。闇の世界にどっぷり浸かった異端の神父を、『羊たちの沈黙』のアンソニー・ホプキンスが怪演する。

監督:ミカエル・ハフストローム
出演:アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー、アリシー・ブラガ、ルトガー・ハウアー

ザ・ライト -エクソシストの真実- (2011)のあらすじ

信仰を失いかけた神学生マイケル(コリン・オドナヒュー)は、恩師のすすめでローマに渡り、バチカンのエクソシスト養成講座を受ける。異端だが一流のエクソシストとして名高いルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)の助手になった彼は、悪魔の存在を疑いながらも、ある少女の儀式に立ち会うことに。そこでマイケルを待ち構えていたのは、悪魔の存在を証明する恐るべき出来事だった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. サー・アンソニー・ホプキンスの出演映画一覧

  2. ファーザー (2020) : The Father

  3. ブレイン・ゲーム (2015) : Solace

  4. ハイネケン誘拐の代償 (2015) : Kidnapping Freddy Heineken

  5. アンソニー・ホプキンスのリア王 (2018)

  6. 2人のローマ教皇 (2019) : The Two Popes

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。