ヒッチコック (2012) : Hitchcock

映画監督として数々の名作を生み出し、“サスペンス映画の神”とも称されるアルフレッド・ヒッチコック。賞レースから嫌われ、無冠の帝王だった彼の心の葛藤と、そんなヒッチコックを脚本家としても支えた妻との知られざる姿に迫るヒューマンドラマ。名優アンソニー・ホプキンスが特殊メイクを施し、ヒッチコックを熱演する。

監督:サーシャ・ガバシ
出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、ダニー・ヒューストン、ジェシカ・ビール

ヒッチコック (2012)のあらすじ

20年代にイギリスで映画監督としてデビューし、数々の作品を手がけてきたヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)。その活躍はやがてハリウッドに認められ、彼自身も活動の拠点をハリウッドへ移す。50年代には数々の作品を残すが、賞レースとは縁遠く、起死回生として『サイコ』を世に送り出す事に。だが、そんな彼の活躍の裏には妻アルマ(ヘレン・ミレン)の存在があった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ウルフマン (2010) : The Wolfman

  2. サー・アンソニー・ホプキンスの出演映画一覧

  3. ファーザー (2020) : The Father

  4. ブレイン・ゲーム (2015) : Solace

  5. 2人のローマ教皇 (2019) : The Two Popes

  6. ザ・ライト -エクソシストの真実- (2011) : The Rite

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。