レッド・ドラゴン (2002) : Red Dragon

「羊たちの沈黙」以前のエピソードを描く“レクター博士3部作”の第1章。アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士の過去の姿はもちろん、数々のナゾも解明される話題作

監督:ブレット・ラトナー
出演:アンソニー・ホプキンス、エドワード・ノートン、レイフ・ファインズ、ハーヴェイ・カイテル、エミリー・ワトソン、フィリップ・シーモア・ホフマン

レッド・ドラゴン (2002)のあらすじ

満月の夜ごとに一家惨殺事件が発生、元FBI捜査官グレアムが現場への復帰を要請された。彼は事件の鍵を解くため、かつて自分が逮捕した連続殺人鬼“人食いハンニバル”レクター博士に助言を求めに会いに行く。

レッド・ドラゴン (2002)のストーリー

1980年ボルチモア。FBI捜査官ウィル・グレアム(エドワード・ノートン)は、犯罪精神医学の権威ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)の起こす連続殺人事件を追っていた。レクターの逮捕にこぎつけたものの、ウィルはレクターにナイフで腹部を刺され生死の境を彷徨うほどの重傷を負う。

3年後、FBIを退職しフロリダ州マラソンの海辺で暮らすウィルのもとへ、元上司ジャック・クロフォード(ハーヴェイ・カイテル)が訪ねてくる。アラバマ州バーミングハムとジョージア州アトランタで起きた連続一家惨殺事件の捜査協力を依頼されたウィルは、期間限定で現場へ復帰する。捜査を始めたウィルは、収監されていたレクターに助言を求めることを決める。

一方、荒れ果てた屋敷に一人住むビデオ加工技師フランシス・ダラハイド(レイフ・ファインズ)、通称ミスター・Dは自身の障害や、厳格な祖母に支配された生い立ちからくるトラウマに悩まされ、自らを脱却し超越することを望んでいた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 白いカラス (2003) : The Human Stain

  2. アレキサンダー (2004) : Alexander

  3. アトランティスのこころ (2001) : Hearts in Atlantis

  4. プルーフ・オブ・マイ・ライフ (2005) : Proof

  5. 世界最速のインディアン (2005) : The World’s Fastest Indian

  6. ハンニバル (2001) : Hannibal

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。